交通事故-なぜ減らない?

科学技術の発達によって、私達の生活は豊かになりました。
それは『モノ』における進歩だけでなく、医療や流通といった目に見えないような分野でのめざましい進歩は、私達がそれを実感出来るほどになっています。
それにより私達の生活はより楽しくなり、私達の安全も守られるようになりました。
しかし科学技術が進歩した今でも、解決していない様々な問題があります。
それは科学技術が進歩してもなお、私達一人ひとりの「意識」が変わらない限り、解決しない問題が山積みです。
そのうちの一つが、『交通事故』という問題です。
年間でどれくらいの人が交通事故に遭っているのでしょうか。
とある統計によると、一年で交通事故による死亡者は約4000人にも上るとされています。
一日に平均すると、約11人が亡くなっている計算になります。
車の技術が発達し、より多くの人に安全が呼びかけられるようになった今でも、これだけ多くの方が交通事故により命を奪われているのです。

この現状を考えてみて、あなたはどう思われるでしょうか。
そもそも、交通事故に遭う原因には何が考えられるでしょうか。
スピードの出し過ぎでしょうか、それとも不注意による事故でしょうか。
または「ながら」運転が原因なのでしょうか。
それら一つ一つを考えてみても、何より大切なのは発達した科学技術ではなく、私達が車という乗り物をどう扱うか、そして人命を尊重した運転をしているかどうか、という点ではないでしょうか。
では、交通事故に遭わないために、何ができるでしょうか。
また、今から準備出来ることはあるのでしょうか。



□関連情報
交通事故専門弁護士 --- 交通事故に遭ってしまった時は交通事故専門弁護士に相談をしてみましょう。示談交渉などを助けてもらえます。